【留学体験談②:到着〜終了編】インドネシア・バンドン交換を振り返る

【留学体験談①:募集〜出発前編】インドネシア・バンドン交換を振り返る のつづき

前回の記事では、インドネシア交換留学募集と出会い、応募に至った経緯。そして、留学の決定してからの心境の変化、出発前日までの話を書きました。体験談②ということで、留学後の話を書きます。

2014年8月26日早朝、ジャカルタ・スカルノハッタ国際空港に到着しました。到着ロビーで、大学が事前に手配してくれていたインドネシア教育大学の国際交流課職員のGさんと無事に会い、車でジャカルタからバンドンに向かいました。もちろんGさんと運転手の方は日本語を話せず、私もインドネシア語を話せなかったため、英語でコミュニケーションを取りました。しかし、英語もろくに話せなかったため、簡単な意思疎通をするのも一苦労でした。当時、私はこの会ったばかりの2人に身を委ねるしかなかったのです。

すべてを受け入れ、身を委ねる

食べ物

インドネシアに到着して、大学のあるバンドンに向かう高速道路のサービスエリアで、最初のインドネシア料理を食べました。サービスエリアには現地の人向けのローカルなお店しかなく、その不衛生さが気になりましたが、他に選択肢が無さそうだったこともあり、ある種の覚悟をしたことを覚えています。それは慣れるしかないのだという覚悟です。また、この時、初めて指を使ってご飯を食べる慣習がインドネシアにあることを知ったのでした。

大学が始まって現地の友人とご飯を食べに行くようになると、その友人が食べているものやおすすめを教えてもらって色々食べるようになりました。その結果、何が美味しいかとか、これを食べてもお腹を壊さないなどの経験値が増え、インドネシアでの食事は楽しくなりました。

また、当時インドネシア教育大学から頂いていた奨学金の金額(UPI Scholarship)はRp2,000,000(約¥17,000)だったため、ローカルのご飯は安くて、節約が必要な私にとってとても助かりました。ショッピングモールのレストランの価格と比較すると半値以下で、ローカルだと日本の定食のようなボリュームでおおよそRp15,000 〜 Rp25,000 (約¥120 〜¥200)でした。

住まい・環境

インドネシアは日本と比較してインフラが発達しておらず、これは、インドネシア第三の都市バンドンも例外ではありません。公共交通機関が十分に整備されておらず、自動車とバイクが非常に多い街でした。大学の近くに住んでいる学生以外の多くはバイクで通学していました。穏やかなインドネシア人ですが、バイクや車の運転が荒い人が多いように感じました。(日本人の私にとってですが。)

また、ゴミ処理に関しても日本と大きく状況が違っていました。プラスチックを含む家庭ごみは自宅の庭先で野焼きで処分します。これに関しては当初すごく衝撃的でした。現在の日本ではありえないことです。

私の留学中の下宿先は、日本語学科の准教授D先生の二つ目の家の屋根裏部屋でした。私はすぐに気に入りました。入り口は二階のベランダにあり十分なプライベートもあり、大きな通りに面していない場所だったので、とても穏やかな場所だったのです。しかし、日本の設備と比べると足りなりと思うことは多くありました。水回りの問題(シャワーの水圧が弱い、排水されない、給湯器がよく壊れる)、電源周り(照明が暗い、漏電している)、構造の問題(ネズミが屋根に住んでて粉が降ってくる、防音でない)などなど。挙げると切りがありませんが、実はとても快適に過ごしていました。おそらく、それの理由の一つは、すべて受け入れていたからだと思います。また、限られた時間で何ができるかということに集中して、不足面に注意があまり行かなかったのかもしれません。

ゴールを決める

インドネシアに滞在して2週間ほど経過した頃、言語の習得を4ヶ月という短い期間で行うという無謀な挑戦に挑んでいるのだということにふと気が付きました。しかし、見方を変えると、今は言語の習得だけに、すべての時間を集中して使って良い・それだけしていればよいのだということにも気が付きました。

留学前に感じていた成果を残さなければならないというある種の使命感も相まって、ゴールを定め、全力でインドネシア語を勉強し始めました。帰国までの目標は、当大学から初めての奨学金生だったため来年に繋がるように、言語学習で成果を出すといった感じだったと思います。短期的な目標はその都度更新していました。

残された期間に意識的になれるように、擬似的にインドネシアで生まれて成人するという時間の速さを変える遊びをしていました。それは、留学開始日を0歳として、留学終了1ヶ月前に20歳(成人する年)になり、1ヶ月の余生を恩返しに費やすといったようなイメージです。留学終了1ヶ月前までなので3ヶ月(90日)の間を20年と考えるので、20年÷90日 = 0.22年/日、つまり5日で1年というスピードで時間は進んでいきます。(今考えると違う次元に生きていました。笑)

現地のコミュニティで信頼されている人と出会う

ホストファミリー

留学中のホストは、日本語学科の准教授D先生でした。この先生との出会いが私の留学をかけがえのないものにした要因にだったと言っていいと思います。それは、D先生を起点として、数え切れない様々な出会いがあったからです。

* 先生の兄弟の家族
* 先生の子供とその子供
* 先生の日本語学科の学生
* 先生を知っている卒業生
* 先生の繋がりのある日本人の方

おそらく100人以上の出会いが先生を起点としてありました。また、先生のところでお世話になっているということを伝えると、それだけで初めて出会う人からも信頼してもらえました。縁もゆかりもなかった異邦人の私が、先生と繋がりゆえにそのコミュニティで信頼されたのです。

友人

また、大学内での友達に関しても同じことが言えました。D先生の紹介で知り合った日本語学科の学生の友人I君ですが、彼がいろいろな世話をしてくれました。インドネシア語も彼と言語交換をする中で飛躍的に向上しました。

それ以上に、彼が学科内で顔が広く信頼されていたことで、私もI君の知り合いということで信頼され、友達を多く作れた要因になりました。

【留学体験談①:募集〜出発前編】インドネシア・バンドン交換を振り返る

「留学」してきたという話を聞くと、まず、アメリカやイギリスへの留学を思い浮かべるかもしれません。また、「理系大学院生で留学した」というと、研究のために留学していたのだと思うかもしれません。 しかし、私が留学先に選んだ場所は、東南アジアのインドネシア。そして、理系院生の私の留学目的は、研究ではなく、語学学習・文化交流を目的とした交換留学でした。

私が留学に出発する前にインターネットでインドネシアでの留学の情報収集をしましたが、やはり欧米への留学体験記の量と比べると圧倒的に少なく、留学生活をあまり具体的に想像できませんでした。

そこで、インドネシアの留学とはどのようなものなのかの一例として、私がインドネシアへ交換留学した経験を挙げてみます。ちなみに私は2014年8月から2018年12月までの4ヶ月間、インドネシアの第四の都市と言われるバンドンにあるインドネシア教育大学というインドネシアの著名な国立大学に留学しました。これはあくまでも交換留学なので、正規留学と事情が異なるかもしれません。あくまで、一個人の体験と捉えてください。

以下、挿入している写真は、当時私が撮ったものです。

募集との出会い 〜 境遇と心境 〜

インドネシアの交換留学の募集を知ったのは、大学の国際交流課長(当時)の教授のFacebookの投稿でした。「今年度、新たに提携した大学から交換留学の募集が一枠ある」という内容でした。

2013年12月当時、大学四年生で研究をまとめて卒業論文を書き始めようとしていました。当時の心境は、すでに来年度の進路は同大学の大学院と決まっていた一方で、親しい友人は東京の大学院に進学したり、就職したりする中で、明確な目的意識を持たないまま同じ大学の大学院に進学すると決めた自身の選択にある種の不安を抱いていました。それは、すでに研究室で一年過ごし研究活動にあまり面白みを見出せずにいたこと、また、研究室の先輩の姿を見ていると、研究室で成長を感じられず葛藤を抱いている来年の私の姿をイメージできたからです。また、研究室に配属され、最初の基礎固めで出会った細胞生物学という学問に、それまで感じたことのない面白みを感じていましたが、卒業研究に時間を費やし、その探求に時間を費やせず、生物学分野への進路に大きく舵を切る気力と自身を持てないという状況でもありました。

このような中、交換留学の応募を見て、おそらくこれだと思ったのでしょう。 留学は、大学生の初めから興味がありましたが、結局行けずにいました。来年の就職活動などから、このタイミング(大学院一年での留学)で留学を決意しないともう二度と行く機会はないだろうと考えました。偶然、インドネシアは、先々月(当時2013年10月)、国際学会のポスター発表で首都のジャカルタに行ったばかりで何か親近感を感じました。さらに、インドネシアという留学ではマイナーな国への交換留学、一枠を争う競争相手は少ないだろうと考えたのです。 また、以前から、この世界は広くて多様な価値観を持つ人々で溢れているということを知識として知っているだけで、それを体験せずにはいられないというような思いがありました。そこから生じたポジティブな動機として、日本人以外の価値観を知ることで、視野がより広くなり、当時、私が目指す生き方として掲げていた「自然な生き方」に近づけているのではないかという思いがありました。

応募選考 〜 応募までの長い道のり 〜

募集を見て数日内にH教授に連絡をして、留学の詳しいお話をお伺いしたいとの要件でアポイントメントを取り、お会いしました。その数日内に応募したいとの意向をお伝えしたと思います。

実は、このとき、まだ大学内で正式な公募がされていませんでした。それは、受け入れ先となるインドネシアの大学とのやり取り(レスポンス)が鈍く、大学として正式な公募ができないというような状態だったからです。(このレスポンスの遅さは、インドネシアに留学して現地の方の気質を知って理解できました。) この問題は、応募を決意した私を不安にさせましたが、私にとって好都合でもありました。なぜなら、国際交流課が大々的に公募できず、インドネシアへの留学応募があることを知っている人が少なかったからです。この状態が数ヶ月間続き、幸運にも私以外に留学希望者は現れなかったため、私が暫定で第一候補となりました。

2014年3月に、インドネシアの大学の担当者の方が代わり、やり取りがスムーズに行くようになり、① 志望動機(エッセイ)と②大学教授からの推薦書を要求されました。この段階で、研究室の指導教官にインドネシアへの留学応募を考えているという旨を伝え、承諾を獲得した後、ついに奨学金候補者として応募準備を始めました。 英語での志望動機は、大学一年の必須科目で担当だった英語の教授にお世話になりました。(拙い英語力で書きました。当時TOEIC 600点程度)

そして、2014年5月にインドネシアの大学に申請書を提出しました。

決定準備 〜 使命感 〜

2014年7月にインドネシア教育大学から交換留学承諾書(Acceptance Letter)が届きました。これが、出発予定日の約2ヶ月前でした。安堵とともに本当にインドネシアに行くことことによる不安な気持ちになりました。それは、これまでインドネシア語なんて触れたこともない、インドネシア文化なんて興味を持って調べたこともない、そもそもそれを学ぶ必要性などないと思っていたのです。

しかし、私の動機がどうであれ、この約半年(2013年12月〜2014年7月)、私がなんとかして留学できるように尽力くださった国際交流課の方々を思うと、私がインドネシアというそれまで無縁だった国に留学することが何か運命なのではないかと感じるようになったのです。そのことは、この留学で明らかな成果を残さなければならないという使命感のようなものを私に抱かせました。

心配症の私は、大学院の身分で言語文化交流を目的とした交換留学などしていてよいのかという不安や、これは逃げでしかないのではないかという考えに悩まされました。 そのときに信頼できる周りの人に相談していました。ネガディブな意見もありましたが、その中でも、今したいことができているんだろうなと私が思う人からは、ポジティブな意見をもらう傾向がありました。私の選択は間違っていないのだろうと不安になる私を勇気づけてくれました。

出発前日 〜 応援してくれた友達と高揚感 〜

出発当日の8月25日、携帯電話とポケットWIFIを解約し、郵便局で転居届を提出を済ませ、国際交流課の方々、担当教授、研究室の仲間に挨拶をしました。学部時代から中の良かったK君は、私のよくわからない旅に門出の挨拶をしに、下宿先に来てくれました。そして、4ヶ月間、大阪から留守にする準備が全て整い、関西空港へ向かいました。これから予測できない未知の世界に旅に出るような高揚感とともに、インドネシア行きの飛行機に乗り込みました。

つづく

【NHKスペシャル】病の起源 4 言語障害 〜文字が生んだ病〜

番組から得た着想:

文字を読み書きする能力は人間に特有の能力だと考えられている.ホモ・サピエンスの他に地球上で文字を扱える生物種はいないのだろうか.(ヒトが認識できていないだけではないだろうか.)この文字を扱う能力によって高度な文明を作るに至った.現代の社会活動においてもその役割は非常に大きいように思う.

  • 音声言語(言葉):1,900,000年前(190万年前)
  • 文字言語(文字):5,300年前

文字の発明が音声言語に大きく遅れたのは,文字が人間の生活に必ずしも必要ではなかったからだと考えられる.先進国を除くと今でも世界中に文盲の人が多くいる.古代社会の規模が複雑化するに従って,やりとりの記録を人間の記憶に頼るのでは不便になったため,文字に残す動きがあったと考えられる.もしくは,文字を使うことによって,不特定多数の人に対して情報を提示することができたからだろう.

Read more

【就職活動】26歳新卒 就職活動を振り返って 第一弾

就職活動がひと段落した.

2016年5月ちょうど一年前のこの頃に,来年は日本に帰って就職活動をしてみようと漠然と考え始めた.最初のきっかけは,当時出会ったばかりの現在の彼女に実は大学院を休学してインドネシアで働いていると伝えた時に,修了しないと勿体ないと言われたことだっだと思う.(大学院を中退することしか頭になかったため,さっと流したが,今考えてみるとそれが最初のきっかけだった.)6月末に一時帰国し,大学の担当教官に大学に復学したいという旨を伝え,2016年8月ごろに具体的な帰国時期を決めた.そのころから就職活動に関して考えの整理を始めた.そして,数ヶ月前にエントリーした第一志望を含めた複数の大手企業から,内々定を頂いた.

就職活動を振り返ってみると,これまでの経験が,点と点で繋がっているように思う.それらの一部を紹介したい.

Read more

AngularJS Jasmineを使ったテストについて 

====================================================
Unit Test (単体テスト)
====================================================

特徴

  • 比較的早い段階で行われる。
  • プログラムを構成する比較的小さな単位の個々の機能が正しく果たしている華道家を検証するテストである。
  • [メリット]モジュールが結合される前の段階でテストが実施されるため、問題の原因の特定や修正が用意。開発全体のバク修正コストを下げる効果がある。
  • [メリット]一般的にテスト駆動型開発 TDD Test Driven Development と呼ばれるコード作成前にテストケースが作成されるため、妥当性の高いテストケースを資産として残すことができる。
  • 致命的な障害発生を」防ぐことができる、ただ全てびを想定することはでじき
  • [デメリット]開発車の負担
  • [デメリット]テスト実施にある程度のスキルが必要
  • [デメリット]スケジュールの関係で時間がかさむ


AngularJS Jasmineを使った単体テストについて 


====================================================
Integration Test (結合テスト)
====================================================

特徴

  • 比較的後の段階で行われる。
  • プログラミングが全体として正しく動くかを検証する。

開発中のソフトのテスト手法の一つで複数のモジュールを組み合わせて行うテスト
インターフェイスがうまく機能するかを確認すること、結合した状態で外部から見て一体として正しく機能するかを確認する場合がある。

Protractor

http://qiita.com/matsuzan/items/f5a9382a33e81999732a

bottom up testing
top down testing

Angular.jsのServiceとFactoryに関して

ServiceとFactoryの違い

Serviceは、thisがあるが、returnがない。

// ----------------------------
// Service
// ----------------------------
(function() {
    'use strict';
    
    angular
        .module('weatherApp')
        .service('exampleService', exampleService);
    
    function exampleService() {
        // public var
        var foo;
        
        // private var
        var bar;
        
        // public service
        // FACTORY HARUS ADA THIS
        // TIDAK ADA RETURN
        this.foo = foo;
        this.doSomething = doSomething;
        
        // public method
        function doSomething () {
            cook();
            console.log("exampleService");
        }
        
        // private method
        function cook () {
            bar = 1;
            foo = 3;
        }
    }
    
})();

Factoryは、returnがあるが、thisがない。

// ----------------------------
// Factory
// ----------------------------
(function() {
    'use strict';
    
    angular
        .module('weatherApp')
        .factory('exampleFactory', exampleFactory);
    
    function exampleFactory() {
        // public var
        var foo;
        
        // private var
        var bar;
        
        // public service
        // FACTORY HARUS ADA RETURN
        // TIDAK ADA THIS
        return {
            foo: foo,
            doSomething: doSomething  
        };
        
        // public method
        function doSomething () {
            cook();
            console.log("exampleFactory");
        }
        
        // private method
        function cook () {
            bar = 1;
            foo = 3;
        }
    }
    
})();

javascript のsetTimeOutを使うには、Watchが必要、AnglarJSの$timeoutを使う

function onShowHideElement (){
  $timeout(function(){
    vm.isAnimation = false;
    $log.debug(vm.isShowButton );
  }, 5000);
}

API REST関連用語

関連用語


API(Application Programming Interface)

APIとは、あるコンピュータプログラム(ソフトウェア)の機能や管理するデータなどを、外部の他のプログラムから呼び出して利用するための手順やデータ形式などを定めた規約のこと。
個々のソフトウェアの開発者が毎回すべての機能をゼロから開発するのは困難で無駄が多いため、多くのソフトウェアが共通して利用する機能は、OSやミドルウェアなどの形でまとめて提供されている。そのような汎用的な機能を呼び出して利用するための手続きを定めたものがAPIで、個々の開発者はAPIに従って機能を呼び出す短いプログラムを記述するだけで、自分でプログラミングすることなくその機能を利用したソフトウェアを作成することができる。

APIとは、アプリケーションプログラムインターフェイスの略語で、プログラミングの際に使用できる命令や規約、関数等の集合の事を指す。ソフトウェア開発の際、いちから全てを作るより、APIを利用すればもともとあるプログラムを呼び出して、その機能を組み込んだソフトウェアを開発することができる。

システム開発をする際にプログラムをパーツ化して再利用できるようにするSOA(サービス指向アーキテクチャ)も似たような考え方といえるが、システム内での利用にとどまらず、外部ネットワークからモバイル機器を通して、システム機能を呼び出して利用する仕組みとしてAPIは適している。


REST(Representational State Transfer)

「セッションなどの状態管理を行わない(やり取りされる情報はそれ自体で完結して解釈することができる)」(Webシステムでは、HTTP自体にはセッション管理の機構はない)、「情報を操作する命令の体系が予め定義・共有されている」(WebシステムではHTTPのGETやPOSTなどに相当)、「すべての情報は汎用的な構文で一意に識別される」(URLやURIに相当)、「情報の内部に、別の情報や(その情報の別の)状態へのリンクを含めることができる(ハイパーメディア的な書式で情報を表現する)」(HTMLやXMLに相当)

<参考> わかりやすくまとまっている。

URLとURI
URLとURIは何が違うの? どちらが正しい呼び方? | 編集長ブログ―安田英久 | Web担当者Forum

JSデータバインディング

データバインディングとは?
>データバインディング データバインディング(データバインド、あるいはData Bindingの訳からデータ結合とも呼ばれる。) とは、XMLなどのデータソースとアプリケーションやウェブページ(ウェブアプリケーション)のユーザインタフェースを静的または動的に結合する技術である。


HTML要素を真ん中に配置したい

HTMLの要素を中央に配置する場合