やまめも

【 ゲーム開発・日々のことについて 】

【Unity】rectTransform.localPosition : 使用例

UIコンポーネントの位置は、rectTransformで扱うことができる。

public class CreditController : MonoBehaviour{

	public Text CreditMainText;
	public void PopCredit(){
		CreditMainText.rectTransform.localPosition = new Vector3(0f,-200f,0f);
	}
}

スクロール(scroll)のUIを使うときに、指定した位置(初期位置)に戻すように設定する。(自然なインターフェイス)
muskコンポーネントをつけて、指定したい範囲のみで表示するようにする。